3月3日 野津田高校第40回卒業式
第40回目となる卒業式が3月3日(金)に挙行されました。

同窓会にとっては、40期生を迎え同窓会発足40周年になります。
今後も母校の発展を願い、また、同窓生の更なる活躍を祈念します。

写真は、卒業証書授与です。三年一組が立ち、代表が壇上にて卒業証書をうけとります。
今年は、例年よりもまして、さわやかな卒業式になりました。生徒よりも先に先生が感極まって感涙するシーンも。
また、体育館の中は冷えましたが、例年よりも暖かい一日でした。

以下、同窓会長の祝辞を紹介いたします。

祝 辞
晴れやかな卒業式 本当におめでとうございます。
 本校1期生の福谷です。同窓会を代表して、あいさつをさせていただきます

私が、野津田高校に来るたびに、いつも嬉しく思う事があります。それは、皆さんが元気よく『こんにちは』とあいさつをしてくれることです。

あいさつが、さわやかな人は、第一印象から相手に良いイメージを与えます。社会のどの分野に行っても大切な事だと思います。
そして、心のこもった言葉は、口から声となって必ず相手の心に響きます。
当然、表情、目の輝き、振る舞いなどによって、伝わることもあります。その上で声の響きが大事になることを仕事や、家庭でたくさん経験してきました。

そこで、本日は、どんな思いで言葉を声に出していくのか?
私なりの工夫を紹介します。

言葉を話すのは口です。
心の強さを表すのは意志です。
環境に優しいのは、エコです。

しかし、これらはちょっとした違いで大きく意味が変わってしまいます。
それは、濁点を入れ、濁らせると
『くち』(口)は、『ぐち』(愚癡)になり、
『いし』(意志)は、『いじ』(意地)になり、
エコもエゴに変わってしまうからです。

人生も、ちょっとした違いで大きく変わります。
どうか皆さんは、澄み切った心のままに、これからの人生を歩んでください。
そして、明るくさわやかな声で、周囲を幸せにする存在になっていただきたいと、心より願って私の挨拶といたします。

平成二十九年三月三日
   東京都立野津田高等学校 同窓会会長 福谷 吉晃