3月5日(火) 第42回卒業式
 第42回の卒業式が本日、春の訪れを感じる、例年よりも暖かな青空のもと、多数の来賓も出席し、卒業生の旅立ちを祝しました。

 式辞で、吉野剛文学校長は、大要、以下の二点について式辞をされました。

@自身の発言と行動は、慎重にしていこう。
 学校生活という、守られた環境から、これからは“一人の人間”として扱われる存在になっていく。その自覚と責任の重さを自覚していくこう。
決して先入観や、不確かな情報に惑わされ、動かされないこと。
それは、自分で考え行動できる一人一人になる事。 Let's think about it.


A信頼される人に。
 人と人との信頼は、コミュニケーションによって育まれる。それは、まず自身が実行する事によって生まれる。
 “有言実行”である。
 多くの人から信頼される人間に成長していってほしい。
 皆さんは野津田で得た“諦めない心”を学んできた。それを、これからの人生に活かしていってください。


 以下は同窓会会長の祝辞です。

祝 辞
 本日、野津田高校を卒業する42期生のみなさん、そして、ご家族の皆様、ご卒業、本当におめでとうございます。
 同窓会を代表して、一言、あいさつをさせていただきます。

 本日の卒業式は平成の最後となる卒業式です。そして新しい時代の幕開けを告(つ)げる卒業式です。
 時代を開く力は特別なものでなく、たとえば野津田の坂道を3年間、通い続けたこと。その当たり前の繰り返しが時代を開く大きな力になるのです。

 私たちの身近なところに当たり前の繰り返しを、しているものがあります。
 人の心臓の拍動(はくどう)はおよそ一日で十万回もの鼓動を規則正しく刻みます。
 心臓で作り出された血液は、動脈(どうみゃく)を流れ、体のすみずみまで酸素を運び、そして使われた血液は静脈(じょうみゃく)から心臓へと帰ってきます。
 この、当たり前のような繰り返しが、私たちを支え、前に進めていく大きな力となっているのです。

 皆さんも、この3年間を、当たり前のような繰り返しの力によって成長されました。本日の卒業式は、その証(あかし)であると思います。

 我が野津田高校同窓生の誇りは、この山を登り続けた持続する力≠持っていることです。

 今日よりは、自身の人生勝利の山を登り続けていかれる事を願って、本日のあいさつといたします。

平成三十一年三月五日
    東京都立野津田高等学校 同窓会会長 福谷 吉晃

 2月8日 学校運営連絡協議会
本日、母校・野津田高校で第3回の学校運営連絡協議会が開催されました。
これは、1年間を通し、主に野津田生が抱える問題などを協議し、意見交換をする会議です。

参加者は周辺の中学校長、地元町内会長、自治会長、警察署関係、消防署支署長、PTA会長、そして同窓会会長と学校長はじめ、先生方です。

この会議で全てが変わるわけではありませんが、母校の発展と、生徒中心の学校になってきています。

 2018年 本校陸上部が大活躍!
 今年の陸上部は、関東大会で男子円盤投で、体育科3年の小林凌君が4位入賞し、三重でのインターハイに出場しました。

 結果は40m82の記録で惜しくも予選落ちでした。
 「練習でいい投げをしてたのですが、暑さと雰囲気にのまれてしまいました。さすがインハイでした。でも大健闘でした! ご支援ありがとうございます。」。とは、コーチとして参加された千田先生。

これで2年連続の出場を果たし、初の3年連続を目指しています。

写真は、体育科3年陸上競技部 小林凌君。男子円盤投で南関東総体で4位入賞を果たし、三重県でのインターハイに出場した。手に持っている賞状と写真は、南関東総体のもの。

 11月11日 1期生 同期会報告
 本校1期生の同期会を11月11日に開催しました。

 急きょの変更で開催したが、たくさんの方が参加し開催されました。写真は一人しか写っておりませんが、個人情報保護の観点から、あえて瓶しか写っていないものを使用しています。

 1期生同期会の隣では、忠生高校の昭和34年卒業の同期会が偶然にも行われていました。
 何が偶然なのかと言いますと、私たち1期生が生まれた年が昭和34年だったからです。

当時、野津田高校は当然、存在せず、町田には数校しか高校が無かった事を思うと感慨深いです。
 また、今では忠生高校は無くなり別名の高校となっています。今年、野津田高校に入学したのは44期生。1期生が高校を卒業した時は、まだ産まれてない方達です。

 時を超えて、野津田が永遠に繋がってゆくことを祈ります。

※今回、様々な配慮・心遣いをしていただいたベストウェスタンレンブラントホテル東京町田さんに、この場をお借りし、感謝いたします。

 1期生 同期会 延期のお知らせ
 本校1期生の同期会を9月30日に開催予定でしたが、台風24号の日本直撃の予報を受け、同期会の延期を決定いたしました。

 同期会会場のベストウェスタンレンブラントホテル東京町田さんにも、今回のキャンセル、そして延期を快くご理解いただき、次回開催の会場をそのまま提供していただけることになりました。
 今回、参加がもともと無理だった方も、以下のように日程が決まりましたので、ご参集いただければと、役員一同、心よりお待ちしております。

 なお、今回は予算の都合もあり、郵便物での案内はせず、本ホームページ上の同窓会へのお問い合せからメールをいただくか、同期のメンバーにお知らせください。

【記】
開催日時=2018年11月11日(日)14:00開宴〜18:00閉宴 
     二次会も同会場で16時頃 会費は一、二次会通しの料金です。
     二次会からの料金は検討中
     
会場=ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田
(旧・ホテル ザ・エルシイ町田)
町田市原町田3−2−9 TEL 042-724-3111

会費=8,000円(女性の料金を現在検討しています) 会費には二次会の会費も含まれています。
   ※途中参加(二次会から等)の場合は、役員にお声かけください。

一人でも多くのご参加をお待ちしています。

 2017 11月28日 学校運営地域連絡協議会に参加
 今年も、あと一ヶ月を残すまでになりました。
日によっては寒暖の差が大きく、体調を崩すこともあるので、日々の天気予報には気をつけていきたいものです。
 またね早くもインフルエンザが流行し始めているとのこと。
風邪の菌やインフルエンザウイルスが好むのは、口の中が乾いていることだそうです。
これからの季節、口の中は潤していきましょう。

さて、本校陸上部は今年斎藤寛太君が 200mでインターハイ出場しました。
結果は、残念でしたが、卒業後も更に頑張って欲しいです。

また、男子バスケットボール部が新人戦第2支部大会で見事、優勝。
陸上・東京都新人大会・男子円盤投げで、小林凌君が優勝。
陸上・東京都新人大会・男子三段跳びで、佐藤詞音君が4位。
陸上・東京都新人大会・男子三段跳びで、柳生和馬君が7位と頑張ってくれています。
本当におめでとうございます。

学校運営地域連絡協議会では、現在の学校における情況を様々な角度から報告・紹介され、意見交換しました。

特に来年の夏に実施予定のインターンシップについて、現在、受け入れてくれる事業所を募集しているそうです。

5名以上の野津田高校生を受け入れ可能な企業・団体の方、是非とも手をあげてください。

詳しくは、本・ホームページの問い合わせ欄にお願いします。

 2017 6月18 本校陸上部が関東大会で活躍!!
梅雨入りして、しばらくはカラ梅雨でしたが、今週に入りやっと梅雨らしくなってきました。

さて、本校陸上部が今年もがんばってくれています。
関東大会は千葉県千葉市のスポーツセンター陸上競技場で、6月17日、18日に行われました。
本校からは3-5菅原来海さんが400mHで出場し、予選5着で残念ながら予選落ちでしたが。頑張って走りました。
斎藤寛太君は 200mで6位入賞を果たし、インターハイ出場を決めました!
本当におめでとうございます。頑張ったお二人、お疲れ様でした。
そして、今回の大会にサポートとして参加し、陰で支えてくれた生徒さんがいます。本当にありがとうございました。

同窓会も出来る限りの支援をして参りたいと思います。


※写真は29年度都総体から(本校ホームページから転載)

 3月3日 野津田高校第40回卒業式
第40回目となる卒業式が3月3日(金)に挙行されました。

同窓会にとっては、40期生を迎え同窓会発足40周年になります。
今後も母校の発展を願い、また、同窓生の更なる活躍を祈念します。

写真は、卒業証書授与です。三年一組が立ち、代表が壇上にて卒業証書をうけとります。
今年は、例年よりもまして、さわやかな卒業式になりました。生徒よりも先に先生が感極まって感涙するシーンも。
また、体育館の中は冷えましたが、例年よりも暖かい一日でした。

以下、同窓会長の祝辞を紹介いたします。

祝 辞
晴れやかな卒業式 本当におめでとうございます。
 本校1期生の福谷です。同窓会を代表して、あいさつをさせていただきます

私が、野津田高校に来るたびに、いつも嬉しく思う事があります。それは、皆さんが元気よく『こんにちは』とあいさつをしてくれることです。

あいさつが、さわやかな人は、第一印象から相手に良いイメージを与えます。社会のどの分野に行っても大切な事だと思います。
そして、心のこもった言葉は、口から声となって必ず相手の心に響きます。
当然、表情、目の輝き、振る舞いなどによって、伝わることもあります。その上で声の響きが大事になることを仕事や、家庭でたくさん経験してきました。

そこで、本日は、どんな思いで言葉を声に出していくのか?
私なりの工夫を紹介します。

言葉を話すのは口です。
心の強さを表すのは意志です。
環境に優しいのは、エコです。

しかし、これらはちょっとした違いで大きく意味が変わってしまいます。
それは、濁点を入れ、濁らせると
『くち』(口)は、『ぐち』(愚癡)になり、
『いし』(意志)は、『いじ』(意地)になり、
エコもエゴに変わってしまうからです。

人生も、ちょっとした違いで大きく変わります。
どうか皆さんは、澄み切った心のままに、これからの人生を歩んでください。
そして、明るくさわやかな声で、周囲を幸せにする存在になっていただきたいと、心より願って私の挨拶といたします。

平成二十九年三月三日
   東京都立野津田高等学校 同窓会会長 福谷 吉晃

 1期生 同期会のお知らせ
本校 第一期生の同期会を以下の通り開催いたします。
開催の案内状を往復ハガキにて連絡を致しますが、住所変更されて届かない方は、本ホームページの「お問い合せ」より、連絡をお願いします。なお、その際は卒業時のクラス、担任の先生の氏名を添えて連絡をお願いします。

                 記
1期生同期会 
日時 平成28年11月5日(土)13:00〜 12:30 受付開始
会場 ベストウエスタン レンブラントホテル東京町田
   (旧・ホテル ザ・エルシイ町田)
会費 8,000円
最終出欠確認は9月30日まで。
幹事 松坂操一郎

※問い合わせは本ホームページ上の「お問い合せ」よりお願い致します。


 4月7日 第42回入学式
4月7日 第42回の入学式が挙行されました。
あいにくの花冷えした雨の中、新入生236名が緊張と期待の中、高校生活をスタートさせました。

以下は、同窓会会長の祝辞です。


祝辞

春の光に祝福されて、わが都立野津田高校に入学された皆さん、そして、ご家族の皆様、ご入学、本当におめでとうございます。
本日は桜が、皆さんの入学をまっていたかのように咲いています。

京都の嵯峨野に住む染色家の志村ふくみさんという方の話を紹介します。
この方は、サクラ色の染め物を発表し、見る人々を驚かせました。それは、本物の桜の花よりもサクラ色をした鮮やかな色だったからです。
「この色は何から取り出したんですか?」と志村さんに聞くと、『桜からです』と志村さんは答えました。「では、やっぱり桜の花びらを煮詰めて染めたのですか?」と聞くと『いいえ違います』と答えが返ってきました。

では、どうやって染めたのか聞いてみると、なんと、桜の木の皮を煮詰め出した樹液で染めたのだそうです。
そしてさらに、桜が開花する寸前の木の皮でないと綺麗な色は出せないとのこと。

厳しい冬の寒さに耐え、いよいよ春を迎える時に、桜の木が根っこから、枝先まで、木全体で『さあ、思いっきり咲いていくぞ』と生命力あふれる最高の時に、あのピンク色が、木全体でつぼみに向かって準備されているのだそうです。
厳しい冬の寒さに耐えた証(あかし)が、サクラのピンク色なのです。
この話は、光村(みつむら)図書の中学校2年生の国語の教科書、大岡(おおおか) 信(まこと)の「言葉の力」に載っています。

これからの3年間を、素晴らしい自身の歴史を刻む3年間であることを願って私の挨拶とさせて頂きます。

平成二十八年四月七日
           東京都立野津田高等学校 同窓会会長 福谷 吉晃