創立四十周年によせて

 我が母校・野津田高校の創立40周年、本当におめでとうございます。
同窓の友の数も一万人を超え、同窓の友が活躍する分野は多岐に広がっています。教育者、公務員、大手企業で重責を担う人。また、都議会や市議会の議員として活躍する人も輩出しています。

野津田高校が建つ山の南側には、七国山があります。
かつて、七つの国(相模・駿河・伊豆・甲斐・信濃・上野・下野など)を見渡すことができたことから、この名がついたと言われています。
七国山は、標高128メートル。そしてここ、野津田の山は、およそ118メートルの高さがあります。ほぼ同じ高さですが、私には野津田の山のほうが七国山より素晴らしい眺望が開けていると思います。そして、未来を眺望できる場所だと感じるのです。
なぜなら本校はもちろん、この周辺には、町田の丘学園、ろうあ学校といった、青年たちを育てる施設・環境が整っているからです。

また、歴史を振り返ってみても、ここ、町田地域は、明治初期の「自由民権運動」の発祥の地と言われ、特に野津田には「自由民権資料館」があります。
野津田は昔も今も、そして未来も、青年が巣立っていく場所だと言ってもいいと思います。
そして、その母校を育み支えてきてくださったのが代々の校長先生を始めとする教職員の先生方の情熱と力、そしてPTA、地域の方々の温かい見守り。そして生徒自身の頑張りだったと思います。
特にこの10年間は野津田の伝統≠ニ誇り≠築きあげることができた10年と言えると思います。
いよいよ次の50周年に向かって、更に発展する母校と共に成長していきたいと思います。

野津田高等学校同窓会会長
福谷 吉晁( 1期 卒業生)



Copyright(C) Nozuta High School Alumi. All Rights Reserved  
WEBトップ